もっと知りたい経皮毒のこと

もっと知りたい経皮毒のこと

もっと知りたい経皮毒のこと

●食品に含まれる有害物質と皮膚から吸収される経皮毒との違い

食物は重要な栄養源であるとともに人の体にとっては毒となるものを含んでいることがあります。ですから人は生まれついて、胃や腸で吸収された有害物質を肝臓の酵素によって解毒するという機能をもっています。実に90%以上もの有害物質が解毒・分解されて便・尿・汗として排出されています。ところが、皮膚から吸収される経皮毒の場合は、肝臓を通らないので解毒されることがありません。血液やリンパ液に入ったものは少しずつ尿や汗と一緒に体の外へ出て行きますが排出にはとても時間がかかります。
食物として摂取する量と比べると皮膚から吸収される科学物質はごくわずかですが、解毒・排出されにくいと言うことを考えると、できるだけ有害な物質に触れない、使用しないことが大切です。

 

●どんな化学物質が経皮毒になるか?

分子量が小さい、つまり分子の粒が小さい化学物質ほど吸収されやすいといえます。皮膚の表面は皮脂と呼ばれる油分で被われているので脂に溶けやすい性質をもったものほど吸収率が高くなります。
洗剤や化粧品に含まれる石油から作られた化学物質は分子量が小さく脂に溶けやすい性質を持っていすので、とても吸収されやすいのです。
ときには肌を健康に保つために添加される薬効成分よりも有害な石油化学物質成分方がより多く吸収されてしまうことがあります。
素肌につけている金属製のアクセサリーや殺虫剤や農薬、洗濯物にすすぎのこされた洗剤なども、まれに経皮毒になることがあります。
皮膚にふれる全てのものが経皮毒になる可能性をもっています。
●年齢や皮膚の状態によって吸収が違う
経皮毒の被害を最も受けやすいのは、胎児、次に幼児となります。
胎児はお母さんお腹の中にいますが、羊水に含まれる有害化物質皮膚から吸収してしまうことがあります。胎児や生まれたばかりのお子さんは、皮膚バリアー機能がまだ整っていないので経皮吸収しやすいのです。皮膚バリアー機能は加齢とともに衰えてくるのでお年寄りの皮膚も経皮毒を吸収しやすいといえます。怪我をしている人やアレルギーなどで皮膚が荒れている人も角質層のバリアー機能が壊れているので、有害化学物質が浸入しやすい状態です。

 

健康な大人でも皮膚の場所によっては吸収率に大きな違いがあります。頭皮や脇の下、まぶた、性器、肛門付近は角質層がとても薄く経皮毒が浸入しやすい危険な場所です。

 

腕の内側を1として

 

あたま:3.5倍
額:6倍
あご:13倍
手のひら:0.83倍
脇の下:3.6倍
性器:42倍
かかと:0.14倍

 

 

 

 

●皮膚から有害化学物質が吸収されるってどういうこと?
湿布や塗り薬などの外用薬に効き目があることからわかるように皮膚に触れた化学物質は少しずつですが吸収されていきます。皮膚の表面には皮脂膜と角質層というバリアー機能があって、外界からの異物侵入を遮っているのですが、洗剤や化粧品に含まれる合成界面活性剤はそのバリアー機能を簡単に壊す働きを持っています。葉っぱに洗剤をつけると表面のつやつやしたワックスがはがれて夜露や雨をはじかなくなり、水分を吸い込んでしまいます。

これと同じように、みずみずしい肌でも洗剤などに触れると皮膚バリアー機能が壊れて外からの異物を吸収しやすい状態になります。
洗剤や化粧品に添加されている保存料、酸化防止剤、着色料、香料などには人に対して有害な化学物質も含まれています。それらが合成界面活性剤の作用によって皮膚の中に染み込みやすくなるのです。

 

●市販の生理用品から経皮毒
ほとんどの方は、市販の使い捨てのナプキンやタンポン使うことがあたりまえになっていますが
市販の紙ナプキンやタンポンにはいろいろな問題があります。

 

市販の生理用品は、ほとんどが石油系の素材です。
表面にはポリエステルやポリプロピレンなどの不織布、吸収材には綿状パルプや高分子吸収材、そしてデオドラント剤や香料などの化学物質が使われています。
これらの化学物質が女性の体に与える影響については、まだはっきりと確認されていません。
けれども、市販の生理用品を使っていて、ムレたり、かぶれたり、痒みを感じた経験のある方は多いと思います。

 

また、市販の生理用品には、ダイオキシンが含まれている可能性があります。
欧米では、塩素漂白した素材を使用したタンポンやナプキンからダイオキシンが検出されたことが報告されています。
日本の生理用品メーカーからは、漂白方法についてはっきりした発表はありませんが、生理用ナプキンや紙オムツからダイオキシンが検出されたとも言われています。

 

最近増加している子宮内膜症とダイオキシンの関係が指摘されています。
子宮内膜が女性ホルモンの働きによって形成されることから、子宮内膜症などの病気の大きな要因はダイオキシンなどの内分泌撹乱物質(環境ホルモン)だと考えられているのです。「子宮内膜症の患者はダイオキシン類と同様の毒性を持つポリ塩化ビフェニール(PCB)類の体内濃度が高い」とドイツの医学研究者ゲアハルトらが発表しています。

関連ページ

日用品に含まれる有害化学物質
"u--p?i?E?U?U?e?e--L?Q‰≫?w?¨???E?A?¢?A
怖い!経皮毒
デトックスや解毒、体内浄化などの情報を提供するポータルサイトです。

ホーム RSS購読 サイトマップ