ヘアカラーの危険

デトックス(解毒)で身体リセット!

ヘアカラーの危険

ヘアカラーや白髪染めには有害で毒性の強い危険な成分がたくさん入っています。特に、パラフェニレンジアミン(PPD)という成分は毒性が強く、過剰に使用すると喉や粘膜への刺激があり気管支喘息やアレルギーを誘発し、発ガン性、環境ホルモンの疑いがあります。
特に、自宅で毛染めすると、頭皮や周りの皮膚に毛染め剤がついてしまいます。それが、経皮吸収されて体内に蓄積されると、いずれ障害を引き起こす可能性があるといわれています。
肌の弱い人は毛染めをする前に必ずパッチテストをして異常がないか確認するようにして下さい。
また、シャンプーやリンスに含まれている合成界面活性剤は、頭皮の皮膚を傷つけていますので、シャンプー直後の毛染めはさらに危険を高めることになるので、なるべく避けましょう。

関連ページ

安全?低刺激・無添加・自然派化粧品
低刺激・無添加化粧品について
知っておきたい化粧品の危ない成分
化粧品の危ない成分について
良い化粧品の選び方
良い化粧品の選び方について

ホーム RSS購読 サイトマップ