ウンチでわかる腸内汚染度

デトックス(解毒)で身体リセット!

ウンチでわかる腸内汚染度

腸内に棲んでいる細菌は500?1000種類もいます。1gの便の中に1兆個近くも含まれています。
腸内細菌は大きく次の3種類に分ける事ができます。

 

bacteria.jpg

 

●善玉菌(全体の20%前後)
代表選手は乳酸菌(ビフィズス菌、乳酸かん菌など)で、腸内で有用な働きをする。乳酸発酵を行って乳酸や酢酸をつくり、腸の働きを促し、便秘や下痢を防ぎます。消化機能を助け免疫細胞を活性化します。

 

●悪玉菌(全体の10%程度)
代表選手はクロストリジウム(ウェルシュ菌など)、大腸菌、黄色ブドウ球菌で、腸内で腐敗の働きをします。ウェルシュ菌はたんぱく質を原料に、発ガン性物質や有害物質を作り、悪臭をつくり便の臭いをきつくします。

 

●日和見菌(全体の70%程度)
連鎖球菌、バクテロイドスなど、腸内が健康であれば悪さをしないが、悪玉菌が優勢の腐敗モードでは悪い働きをする菌。
日和見菌は、優勢な方に見方するので悪玉菌はその実数よりもはるかに強大な力で腸内を腐敗させます。悪玉菌による腐敗は毒素の再吸収を招きさまざまな病気の引き金になる危険性があります。

 

◎理想の便
■練り歯磨きからバナナ

【色】・・・黄色?黄色がかった褐色
【分量】・・・バナナ(1本100g)が2?3本
【におい】・・・臭いはあるがきつくない
【硬さ】・・・硬くてもバナナ状?軟らかくても練り歯磨き状程度
【水分量】・・・80%
【トイレでの特徴】・・・いきまず、ストーンと気持ちよくでる。
便器に落ちると水の中でパッとほぐれる(便の花が咲く)のがベスト。
水に浮くのは水分にゃ含有量が適度という証拠。

 

●良い便の3つの条件
汚染されていない腸は、腸内で正しい発酵が起きていて良い便が出ます。
良い便は次の条件が満たされています。

 

?@しっかりした排便力(腹筋)がある。
?A食物繊維をしっかり摂っている。
?Bストレスのないゆったりした精神状態。

 

 

■かちかち、ころころ

【色】・・・茶色?黒ずんだ褐色
【分量】・・・甘栗2?10粒程度
【におい】・・・とてつもなく臭い
【硬さ】・・・ひとつひとつがカチカチ
【水分量】・・・60%
【トイレでの特徴】・・・強くいきんでもコロリとしか出ない。残便感がある。硬くて出にくいため、肛門に傷がついて血が出ることがある。

 

【対処方】
・食物繊維を摂って腸のぜん動運動を活発にする。
・火を通した野菜や海藻類をたっぷりとって便の量を増す。
・水分をしっかり摂っる。なるべく糖分を含まないものが良い。
・便意を我慢しない。

 

 

■細くてひょろひょろ

【色】・・・黒ずんだ褐色?黒色
【分量】・・・太目のうどん3本程度
【におい】・・・きつくて臭い
【硬さ】・・・軟らかい
【水分量】・・・85%
【トイレでの特徴】・・・出ることは出るが残便感がある。一度に全部出ず数回に分けて出ることもある。一般的には食事量が少なく腹筋力の弱った老人に多い。
便の細さと強烈な臭いは老人の出す便の特徴と言われていましたが最近、腸年齢の若い老人が増え、若年の便が臭いという腸年齢逆転現象が起こっています。

 

【対処方】
・海藻類や乾物(きくらげ・乾し椎茸・高野豆腐など)。コンニャク、ごぼうなどの根菜類を摂る。
・ヨーグルトや糠漬けなどの善玉菌を増やすものを食べる。
・歩く時間を増やし、軽い運動を取り入れ腹筋をつける。

 

■水のような便

【色】・・・色の特徴はない
【分量】・・・マグカップ1?2杯程度が一気にどっと出る
【水分量】・・・90%以上
【トイレでの特徴】・・・便意が突然起こり、我慢できない。一度で出し切れず数回にわたって便意をもよおすことがある。このタイプの典型の過敏性腸症候群は男性に多くみられる。

 

【対処方】
・ストレスをなくす。
・下痢が続いているときは大腸粘膜が弱っているので刺激物を避け消化吸収の良いものを食べる。
・再発防止のためにも、高脂肪、高たんぱくのものを避け野菜を多めに摂るよう食生活を見直す。

 

 

■一度に溜めた便
【頻度】・・・3日に1回?週1回
【色】・・・茶色?黒ずんだ褐色
【におい】・・・強烈に臭い
【硬さ】・・・硬くて非常に出にくい
【水分量】・・・60%
【トイレでの特徴】・・・便意そのものがなかなか起こらない。便秘薬、下剤を使わないと出せない。おならは出るが、ひどく臭い。腹部がいつもスッキリしない。

 

【対処方】
・生活に適度な運動を取り入れる。
・出すタイミングを逃さない。便意を我慢すると便の水分量がドンドン減ってしまう。
・便の量を増やす食べ物を積極的に摂って便の水分量を増やす。

 

 

■流れたり詰まったり
【頻度】・・・便秘と下痢を繰り返す
【トイレでの特徴】・・・常に排便状態が安定しない。トイレに行く時間が定まらない。
疲労感が取れない。便秘と下痢を繰り返すのも過敏性腸症候群のパターンのひとつ。

 

【対処方】
・ストレス対策をする。
・安定した腸内環境をつくるための見直しが必要。

関連ページ

ミネラルの働きと健康の関係
ミネラルの働きと健康の関係について
腸内環境を整えよう
デトックスや解毒、体内浄化などの情報を提供するポータルサイトです。
毒素がたまるとどうなるか?
体内毒素について
毒素が自律神経失調に影響する
毒素と自律神経失調について
髪の毛に現れる有害ミネラル

ホーム RSS購読 サイトマップ