デトックス(解毒)で身体リセット!

デトックスとは?

デトックスは英語で表記すると『detox』となり、解毒を意味であり体内の有害毒素を排出することで体内浄化を行い健康増進を行うという考え方です。

 

本来は麻薬、アルコール等の中毒を治療する意味で使用されている単語です。
デトックスはアメリカで60年以上前に提唱され、1970年代に入ってFDA(米国食品医薬品局)が中心になって本格的な研究に着手したのが始まりだそうです。

当初は、ベトナム戦争の枯葉剤などの化学兵器の後遺症に悩む元兵士やベトナムの現地人のために研究が進められましたが、近年の私達の生活も、毒物や化学物質に囲まれている現状をふまえて現在でも研究が続けられている 歴史の長い栄養学の1分野です。

 

デトックスの研究は、栄養学的な研究を進めようということで米国上院議会で発足したマクガバン委員会の影響を強く受けているため、医学的な側面よりも栄養学的な研究側面を多く持っています。
医学的には体内毒素が与える健康被害ということでここ最近は研究されていますが実際に毒素を体外に排泄するという分野では栄養学のほうが研究は進んでいるようです。

 

とはいえ、「解毒」という考え方は決して新しいものではなく、古代エジプト発祥のハーブを使ったアロマテラピーや約5000年の歴史を持つインドの民間医学
アーユルヴェーダ、陰陽五行説に基づく東洋医学などでも、「余分なものを取り除けば健康を取り戻すことができる」という考え方は昔からの伝統的なもので、古今東西、多数の人々に自然に取り入れられていた健康法でもあるのです。
紀元前からあるインド古来の医学であるアーユルヴェーダ、中国医学などでは昔から体の毒素を排出することについて重要視されていました。

仏教の普及している国では、僧侶の修行の一部の「断食」がデトックスとして存在しています。

 

 

また、それは人間の自然治癒力や能力開発の向上、美容においても高い効果を得ていたと考えられています。

 

西洋医学でも便秘など毒素を体の中に溜め込むことは腸内運動をさまたげ、それが肌の老化やダイエットの効果の減少につながるといわれてきました。

21世紀になってからアメリカのセレブや有名人から火がついたデトックスは、当初はダイエットや美容の効果が全面的に注目されていましたが、徐々に本来のデトックスである健康面が注目され、現在では毒素排出の美容・健康分野における総合的な考え方に発展しています。
しかしながら、現代のデトックスそのものの考え方はまだ新しく、その定義などはまだ発展途上というのが現状です。

 

なぜこのような解毒がブームになっているかというと、現代では流通や保存技術が発達し食生活が豊かになった反面、農薬、着色料、保存料等の人工合成化合物の添加物を大量に使用するようになりまた。

 

建前上は体に害が無いとされていますが、これだけ大量かつ、多種多様な科学物質の長期使用による影響まではまだ解明されていないものがほとんどです。

また車などが排出する排気ガスや工場のダイオキシン、重金属などの排出物、水道水の添加物など普通に生活しているだけでたくさんの毒素を取り入れてしまうことになります。
体にとってそれらの有害物質が健康を害する一因になってるといわれています。

 

体にためこんでしまった人工合成化合物や有害な重金属類(水銀、カドミウムなど)を排出し、不必要なものは取り除いて、体の生命力を浄化し新陳代謝も上げ、身体機能を正常にし、健康な体や美しい肌を取り戻す、それが「デトックス」なのです。

 

これまでの健康法では、身体の不調が何かの栄養素が足りないという考えに基づくもの中心でしたが、
身体に有害なものがどうしてもたまってしまう現代では、有害毒素(有害金属)を体外に排出することも
健康維持増進にとって不可欠なものとなってきています。

 

※有害金属とは?

これら身体に必要な必須ミネラルの働きを阻害するのが有害金属(有害ミネラルとも言う)です。
環境汚染が進む現代では、水道水、排気ガス、酸性雨、魚介類・野菜(土壌)などの食品など様々なところから体内に有害金属の蓄積が進んでいます。

 

有害金属の代表として、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛、ベリリウムなどが挙げられます。
有害金属の蓄積によって、そのため様々な病気・老化現象体調不良を引き起こすと考えられ、水銀などの有害金属のいくつかは、年を取るごとに蓄積される傾向があります。
加齢にしたがって、有害金属による影響が強くなってくることが想定されます。

デトックスとは記事一覧

ウンチでわかる腸内汚染度

腸内に棲んでいる細菌は500?1000種類もいます。1gの便の中に1兆個近くも含まれています。腸内細菌は大きく次の3種類に分ける事ができます。●善玉菌(全体の20%前後)代表選手は乳酸菌(ビフィズス菌、乳酸かん菌など)で、腸内で有用な働きをする。乳酸発酵を行って乳酸や酢酸をつくり、腸の働きを促し、便...

≫続きを読む

 

ミネラルの働きと健康の関係

【有害ミネラルの健康障害と主な原因】■アルミニウム食欲不振、息切れ、筋肉痛、けいれん、胃腸障害・・・アルミ鍋、アルミホイル、歯磨き粉、胃腸薬、ふくらし粉■カドミウム脱毛、貧血、食欲不振、疲労、血圧上昇、神経過敏・・・喫煙、排気ガス、メッキ工場、ベアリング工場■鉛貧血、不安感、めまい、骨や筋肉の痛み、...

≫続きを読む

 

腸内環境を整えよう

《有益菌を増やして、最大最強の免疫器官・腸を健康にする》●免疫力が弱いと感染症や癌になりやすい私たちの身の回りには、健康をおびやかす物質がたくさん存在しており、空気中にはホコリや花粉が飛散しています。食べ物も安全なものばかりではありません。細菌やウィルスはいたるところにあるのです。だからと言って、こ...

≫続きを読む

 

毒素がたまるとどうなるか?

●毒素がたまるとどうなるか?体内に有害ミネラルや農薬化学物質などが溜まると酵素や補酵素の活動が不活発になります。酵素というのは体内で200種類以上が確認されていて様々な化学反応の助けをしています。酵素や補酵素の分泌異常で実生活に関係しそうなものとしては1.脂肪燃焼やブドウ糖燃焼の不活発により痩せ難く...

≫続きを読む

 

毒素が自律神経失調に影響する

■毒素が自律神経失調に影響する病院に行くほどでもない『プチ不調』をそのままにしていくとやがては老化につながってしまいます。プチ不調の原因にはさまざまな要因がありますがその中のひとつに『毒素』があります。毒素の一番の柱が活性酸素です。宿便や体脂肪(セルライト)、余分な水分(むくみ)、体内老廃物、有害ミ...

≫続きを読む

 

髪の毛に現れる有害ミネラル

解毒をするにあたったまず、気になるのは自分にどれくらい有害物質がたまっているのか?それをチェックする方法は毛髪分析です。なぜ、毛髪分析で有害ミネラルが計測できるのかと言うと、髪の毛も排泄器官のひとつだからです。ごくわずかであっても、水銀、ヒ素、鉛、カドミウムなどの有害ミネラルは体に悪影響を及ぼします...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ