アーユルヴェーダ

デトックス(解毒)で身体リセット!

アーユルヴェーダ

■アーユルヴェーダで体内浄化

●未消化物=アーマが体の毒になる

毒素というと、体に溜まった化学物質や老廃物などを想像しがちですが、アーユルヴェーダ(インドの伝承医学)ではそれらとはまた別の概念である「アーマ」(未消化物のこと)を体のあちこちに不調をもたらす毒素であると考えます。
通常、食べたものは胃腸で消化、吸収され、肝蔵で代謝されてから、血液を介してエネルギー要素として全身に送られていきます。
しかし、この一連の機能に問題があると食べたものが体の要素やエネルギーに変換されずに残ってしまい、それが『アーマ(未消化物)』になるのです。
アーマは、ネバネバとしていて腸管や血管、リンパ管など体中のあらゆる管に付着します。
これによって、管は狭まり流れは悪くなります。そのため、酸素やエネルギー源の供給、老廃物の排泄などがうまくいかなくなり、結果として組織が弱くなってしまうのです。
ですから、アーマをためてしまうといろいろな症状が現れてきます。
肩こりや頭痛、便秘、体の痛みやむくみといった不定愁訴から動脈硬化、糖尿病まで、ケガの外因性の病気以外ほとんどの病気はアーマが原因でおこると考えられています。

 

●アーマを取り除くには

 

アーマ=未消化な食物

 

ですから、消化力を高めることで消化しきることができます。
しかし、消化力を弱めてアーマを作る生活習慣をしている人も少なくありません。
そこで、次のような習慣を改善することから始めましょう。

 

1.食べる量の誤り

食べ過ぎると消化しきれないのは当然です。
たとえば、暖炉の火に一度にたくさんの薪をくべると全ての薪は燃えません。
同じように、自分の消化能力以上の量を食べれば未消化食物(=アーマ)ができるのです。
また、逆に断食をすることは、暖炉に薪を全くくべない状態だといえます。
燃やすものがなければ火は消えてしまいます。と言うことは、消化のエネルギーがなくなってしまうことになりますのでよくありません。

 

2.未消化な状態で食べる
胃腸の働きにはいくつものステップがあります。
胃だけをとってみても、まず食べ物を軟らかくする粘液が分泌され、次に酸性の消化液が出てきて食べ物を溶かします。
そして、食べ物を腸に送りだすという3つのステップがあります。
おおよそ、各ステップに1時間程の時間を要します。
もし食べ物が3番目のステップにあるとき、新しい食べ物を食べるとどうなるでしょうか?
もしかすると、1?2番目のステップを経ずに、古い食べ物と一緒に腸へ送られてしまうかも知れません。
ですから、ダラダラ食いや食事の間隔が短すぎるのはあまり良くないのです。

 

3.不規則な食事
食べたり、食べなかったりと食事に変動があると胃腸の働きが不安定になり消化がうまくいかなくなります。
できるだけ、朝、昼、晩、三食決まった時間に食べるようにしましょう。

 

4.非常に重い食事

食べ物には、重い、軽いなどいろいろな質があります。重いというのは、単に量りで計って重いのではなく、密度が多くて非常に消化しにくいものの事を言います。
一般的に、粘り気があって固まったものは重い食品と言う事になりヨーグルトやチーズなどの乳製品、牛肉、豚肉、油を多く使った食品が特に重いとされています。
これらの食品は、少量にするか、消化する力が強まる昼に食べるのがおすすめです。
また、作ってから長時間経過したものも良くありません。
煮物でもなんでも一度冷やすと重たくなり、たとえ温め直しても消化が悪いことに変りがありません。
できるだけ、出来立てを食べるように心がけましょう。

 

5.冷たい食事
胃や腸で分泌される消化液は、あら種の酵素ですから、それが働く為には温度が必要です。
冷たい食べ物や飲み物で冷やしてしまうと暖炉に水をかけるようなもので消化の邪魔をします。
冷たいものはできるだけ避けるようにしましょう。

 

6.汚染された食事
食品添加物や遺伝子組み替え食品、農薬のついたものなどは避けた方が良いでしょう。

 

7.食べる速度が速い、遅い
食べる速度は速すぎても遅すぎてもいけません。
ゆっくり食べる事は良い事のように思えますが、たとえばフルコースを2時間かけて食べる場合、前菜とデザートで2時間も差があるので未消化で食べるのと同じことになってしまいます。全部で20?30分くらいで食べるのが適当です。

 

8.季節や時間に適応した食事
人間の消化力は季節や時間によって変ります。
夏は一年で一番消化する力が弱くなり、冬は食欲もあり消化力も高まります。なので、夏も冬と同じように食べてしまうと消化が追いつかずアーマを作ってしまうのです。
また、一日の中では消化力が強いのは昼、夜、朝の順番です。
昼は、肉や魚といった重めの物を食べ、夜や朝は軽くするが理想的です。

 

9.生理的な欲求を我慢する

人間の持つ自然な欲求、たとえば排尿、排便、咽喉の渇き、あくび、おならなどは我慢すると胃腸の働きが悪くなってしまいます。
これらは、我慢するべきではありません。

 

●アーマを積極的に減らすには
1.消化力を直接強くする方法
熱い白湯をこまめに飲むようにする・・・体温が温まって消化力が回復します

 

※白湯・・・きれいな水をやかんに入れて蓋をとった状態で最低10分間沸騰させたもの

 

水というのは、本来重い質を持っていますが、沸騰させることによって軽くなります。
水の持っているきれいに洗い流すという性質に熱の性質と空気の性質が加わって体の中を浄化、活性化させる働きを持つようになります。

 

2.料理に生姜(ショウガ)を使う
生姜は熱を強くもつ食品です。胃腸を刺激して消化力を高めてくれます。スープや炒め物などいろいろな料理に活用しましょう。

 

また、ジンジャー入りレモネードや白湯に市販のジンジャーパウダーを2?3振りしたものもおすすめです。
また、定期的に夕食を流動食や液状食にすると胃腸の機能が高まります。
例えば、週に2日は夕食はスープだけにして見るのも良いでしょう。

 

2.消化管を掃除する方法
白湯にレモンと少量の塩を加えてもの、ぬるめの白湯にレモンと小さじ1杯のハチミツを加えたものを飲むと消化管を掃除することができます。
ハチミツは、非加熱のものは浄化作用が強いのですが、加熱したものは毒性の強いアーマになりやすい性質があります。
必ず非加熱のものを購入するようにしましょう。また、飲む時も熱い白湯ではなく40度くらいまで冷ました白湯に入れるようにして下さい。

 

3.直接アーマを燃やす方法
直接アーマを消化してしまう方法もあります。
それも、白湯を飲むことと生姜や黒胡椒、クミン、フェンネルといったスパイスを使った料理を食べる事です。

 

4.アーマを溶かし排泄する方法

アーマは油に溶けやすい性質を持っているのでオイルマッサージで排泄する事ができます。
体表面に塗ったオイルは皮膚内部に浸透し、やがて毛根に集まっている毛細血管に吸収されます。
そして、静脈を還流して全身をめぐり15分後には骨髄まで達するといわれています。
体の隅々にまで行き渡ったオイルはアーマや過剰なドーシャ(エネルギー)を溶かし出すようにして、消化管や体表面に運びます。
消化管にでてきたものは体の外に便や尿となって排泄され、体表面に出てきたものはシャワーで流せばきれいになります。
アーマを排泄するだけでなく美容や疲労回復にもなります。
タイミングとしては、朝、排便後に体を軽く感じているときに行うのが効果的です。また、夕方ないし夕食後に食事が完全に消化されてからお風呂に入る前に行ってもかまいません。

 

5.パンチャカルマ
アーユルヴェーダには、『パンチャカルマ』と言う究極の浄化法があります。
これは、専門知識をもった医療機関でしか行う事ができませんが、自宅での食事療法やマッサージでは取る事ができないアーマを浄化する事ができます。

 

1)食事療法などで消化管に付着しているアーマを減らす
2)オイルマッサージや油の経口投与で過剰なドーシャを取り除く
3)スチームサウナなどで体を温め、循環を良くしてドーシャを排泄可能な部分に集める。
4)下剤などでドーシャを排泄する
5)正しい食事や行動、薬草などで心身を正常な状態に導く

 

これを受けると、アーマや過剰なドーシャがすっかり排泄され、今までつらいと感じていた症状が消えてまるで、子供のころのような活力を取り戻す事ができます。
肌の感じが変り、お腹がスッキリして便通もよくなります。
本格的に全身浄化したい人は、クリニックで体験してみると良いかもしれません。

 

■3日間の週末プログラム(擬似パンチャカルマ体験)
《1日目》
【朝食】・・・通常通り
【昼食】・・・通常通り
【夕食】・・・7時までに終わらせ、その後は白湯以外は口にしない
【就寝前】・・・お風呂(半身浴がおすすめ)に入った後、ひまし油(下剤)15ml(便が柔らか人は10ml)に白湯を溶きレモン汁で臭みを消して一気に飲む
【就寝】・・・お腹が冷えないうちに布団に入る
※ひまし油は下剤ですが、ここでは少量用いますので、下痢になる人は約半数です。
胃腸系の働きを止めることを目的としているので、下痢を起こす必要はありません。

 

《2日目》

【終日】・・・絶食する
※白湯か冷たくないリンゴジュースを食事時のほか、数回飲む以外は一切何も口にしません。
脱力感や不快感が襲ってくるのが普通ですのでこの日は活動を最小限にして、家でのんびり過ごしましょう。

 

《3日目》
【朝食】・・・お粥と味噌汁、温かいミルクとシリアルと言うような軽めの食事を8時までに済ませる
【昼食】・・・12時前後に温かく栄養のある食事をとる
【夕食】・・・朝食より重め、昼食より軽めの食事を8時までに摂る。
※できればこの日は、菜食にすると良いでしょう

 

《ジンジャー入りレモネードの作り方》

【材料】
・すりおろしショウガ(ひとかけら)又はジンジャーパウダー少々
・レモン 1/4?1/8個
・生ハチミツ スプーン1?2杯
・白湯(温度は40度以下)

関連ページ

アロマテラピー
アロマリンパマッサージでデトックス
ゲルマニウム温浴
ゲルマニウム温浴でデトックス
ヨモギ蒸し
ヨモギ蒸しでデトックス
岩盤浴
岩盤浴でデトックス
砂浴
砂浴でデトックス
腸内洗浄(コーヒー・エネマ)
腸内洗浄(コーヒー・エネマ)でデトックス
半日断食ダイエット
半日断食ダイエットでデトックス

ホーム RSS購読 サイトマップ