アロマテラピー

デトックス(解毒)で身体リセット!

アロマテラピー

■リンパと毒素の深い関係
私たちの人間の体は、約60兆個の細胞で構成されているといわれています。
それら、ひとつひとつの細胞は酸素や栄養を取り込むと同時に、代謝後に不要になった二酸化炭素や老廃物を組織間液に排泄することで常にきれいな健康な状態に保っているのです。
そして、生命活動の中で不要になった老廃物などは、静脈とリンパ管に吸収されて運ばれます。
ですから、血液やリンパ液の流れを促進する事が、体内浄化をするうえで、とても重要になってくるわけです。
リンパの機能として、組織間液の老廃物や体内に侵入した毒素、余分な水分などはまず、毛細リンパ管に吸収されます。
毛細リンパ管の壁はとても薄く、透過力が高いので、毛細血管壁を通らないような大きな分子や粒子、細胞片なども吸収してくれます。

リンパ管は途中でリンパ節という粟粒大から大豆大の網目状の組織を通ります。

ここで、異物はろ過され、免疫細胞によって貧食、除去されます。
そして、最終的には鎖骨の下の静脈に合流し、残っていた老廃物や毒素、余分な水分は血液を介して心臓から腎臓へ到達し、尿となって排泄されます、
つまり、リンパは私達の体にとって不要なものや害になるものを少しづつ浄化しながら最終的に心臓へと体外へ排出する重要な存在であるといえます。

 

■リンパは流れにくく詰まり易い
浄化機能を持つリンパには、流れにくく、詰まり易いという欠点があります。
静脈は動脈とつながっていることから、心臓というポンプの力で流れる事ができます。
しかし、リンパ管には心臓のようなポンプはありません。
呼吸や筋肉の運動といった周辺組織からの圧力や弁の働きによって流れていてその流れる速度は1時間で約120mlという大変緩慢なものです。
そのうえ、リンパ節は網目のような構造になっているので、年齢とともに詰まりやすくなってきます。

しかも、現代人にありがちな長時間座った姿勢でいることやストレス、不規則な生活などよっても詰まり易い状態になります。
リンパ節がつまると、まるで高速道路の出口が封鎖されてしまったかのように、リンパ液が渋滞をおこします。
リンパ液を押し出してくれるようなポンプ機能がないので、渋滞は自力ではなかなか解消されず、ますますひどくなっていきます。
そうなると、老廃物、毒素、余分な水分などがうまく運ばれず排出されないため、むくみや冷え、セルライト、肌トラブル、疲労、各部の痛みなどいろいろな症状を引き起こす原因になってくるのです。

 

■マッサージでのリンパ渋滞解消!

そこで、リンパ節のつまりを解消してあげると、リンパの流れが良くなります。
リンパマッサージをするとリンパ液の流れが良くなって全身の解毒が進み、気になる症状の緩和、解消ができます。

 

【リンパマッサージのポイント】
1)順番通りに行う
リンパ液の最終出口(鎖骨下の静脈)に近いリンパ節から順に行うことが大切です。
末梢の部分をマッサージしても、出口の方が詰まっていたらリンパ液は流れていけません。

 

鎖骨→首→脇の下→そけい部→ひざ裏 各20回以上

 

2)「圧迫」「離す」を繰り返す
圧迫したままだと、ホースを踏みつけている状態になってしまいます。
自分の手をポンプだと思って圧迫した後はきちんと離すようにしましょう。

 

3)圧迫する時には、息を吐き、離すときに吸う
リンパの流れは呼吸も影響しますので、呼吸を意識しながら行うと相乗効果が期待できます。

 

4)痛みが出る手前の力で行う
痛みがあるのは詰まっている証拠なのですが、力をかけ過ぎるとリンパ節を損傷してしまう危険があります。やさしく繰り返し行うようにしましょう。

 

1.鎖骨(全身を解毒)
●こんな症状・・・全身のむくみ、肌トラブル、肥満
●説明・・・全身のリンパの排水口でもあるので、特に念入りにやりましょう。肩こりがあるとリンパ節が詰まりやすくなり、リンパの流れが悪いから肩こりが解消されないという悪循環が生れやすいところでもあります。
鎖骨のマッサージで悪循環を断つとともに、肩こりのケアも同時に行うといいでしょう。
●やり方・・・反対の手の人差し指、中指を鎖骨のくぼみに差込み、軽く圧迫しながら喉もとの方へ少しずらすようにし、パッと離す。
「圧迫」「離す」を繰り返しながら肩から喉もとへポイントを少しずつずらしていく。

 

2.首(頭部・頭を解毒)

 

●こんな症状・・・むくみ、眼精疲労、頭痛、吹き出物、肌のくすみ

 

●説明・・・精神的なストレスなどによる首の筋肉の緊張によって詰まりやすい部分

 

●やり方・・・耳たぶの下から鎖骨にかけてのラインに沿って行う。
片手で下方向へ少しずらすようにしながら圧迫し、パッと手を離す。
「圧迫」「離す」を繰り返しながら、鎖骨の方へポイントをずらしていく。

 

3.脇の下(腕、体幹の解毒)
●こんな症状・・・腕のむくみ、疲れ、背中の吹き出物
●説明・・・締め付けるような下着によって詰まりやすくなります。下着から開放される入浴時や入浴後にマッサージするのがおすすめです。
●やり方・・・4本の指をわきの下に当て、肩の方へすくいあげるような感じで圧迫してから手を離す。

 

4.そけい部(足先から太ももまでを解毒)
●こんな症状・・・下半身太り、セルライト、足のむくみ、疲れ
●説明・・・長時間座っていることや、締めるけるような下着によって詰まりやすい部分です。
できれば、下着を着けない状態でやりましょう。また、出口まで距離が長いので回数を多めにすると良いでしょう。
●やり方・・・4本の指を使って上に押し上げるようにしながら圧迫してから離す。イメージとしてはショベルカーで持ち上げるような感じです。もう片方の手を添えるとやりやすい。

 

5.ひざ裏(足、ふくらはぎを解毒)

 

●こんな症状に・・・ひざから下のむくみ、つかれ

 

●説明・・・長時間座っていることや、運動不足、ヒールの高い靴をはくことによって詰まりやすい部分です。
ひざ裏がポコッと出ている人は要注意です。

 

●やり方・・・両手でひざをつかみ、4本の指で両脇の筋の間をふくらはぎから太ももに向かって圧迫し、離す。

 

■アロマのマッサージオイル&バスで効果UP!!

キャリアオイルに精油を加え、マッサージに使うのがおすすめです。
リラックス効果があるだけでなく有効成分が皮膚から吸収されて相乗効果を生み出します。
また、入浴時に浴槽に2〜3滴入れてアロマバスとして楽しむのも良いでしょう。

 

【マッサージオイルの作り方】

 

キャリアオイル20mlに精油を5滴入れる。

 

精油は1種類でも数種類ブレンドしてもOKです。キャリアオイルは、ホホバオイルがおすすめです。

 

【解毒におすすめの精油】
●グレープフルーツ・・・下半身のセルライトや老廃物、毒素が蓄積された事による肥満解消に。
●ジェニパー・・・利尿作用が高いので、むくみ解消に。肌荒れにも効果的です。
●ローズマリー・・・筋肉のこりや疲労に効く。肩こりや歩き疲れの解消にも。

関連ページ

アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダでデトックス
ゲルマニウム温浴
ゲルマニウム温浴でデトックス
ヨモギ蒸し
ヨモギ蒸しでデトックス
岩盤浴
岩盤浴でデトックス
砂浴
砂浴でデトックス
腸内洗浄(コーヒー・エネマ)
腸内洗浄(コーヒー・エネマ)でデトックス
半日断食ダイエット
半日断食ダイエットでデトックス

ホーム RSS購読 サイトマップ